狙われたレースクイーン



「狙われたレースクイーン〜中出しレイプ〜」
主演:美紀
監督:鳩尾
人気レースクイーンの美紀。とあるファン感謝撮影会の日、美紀は早く会場入りして今日のコスチュームに着替えてから約束していた付き合って間もないGTレーサーと更衣室で愛し合った。濃厚なキスのあとまだ誰もいない休憩室の簡易ベッドの上で美紀のフェラが始まった。しばらくフェラをしていると「美紀、欲しくなってきたか?」と男が言った。「うん、おちんちん入れて」美紀は男のペニスを唾液でベチョベチョにしてから騎乗位で男の上に跨がると男のモノをマンコにあてがい、ゆっくりと秘肉にくわえ込んでいく。男の上で美紀のカラダがイヤらしく動く。そして間もなく「あっ!ダメっ!もう出ちゃう!」美紀は仰け反り男のモノに熱い潮を吹きかけた。今度はキスをしながらお互いの性器を触り合い濃密なディープキス。「すごい!おちんちん熱くなってる」美紀が堪らず「入れて」と男にせがむ。男はギンギンに硬く熱くなったイチモツを美紀の秘肉にぶち込み奥まで貫いていった。狂ったように感じまくる美紀。「もっと奥まで突いて!」「あなたの子供がほしい!中にいっぱい精子出して!」と喘ぐのであった。男は美紀の子宮口までペニスを奥深く突き刺すと美紀のマンコがギュッと締まって波打った!一気に大量のザーメンが美紀の体内にぶち込まれていった!中出しされ失神するほど逝かされてぐったりとなった美紀をベッドに残して彼はレース場に戻って行った。後に1人残された美紀はまだ火照るカラダを持て余してオナニーに耽るのであった。もう撮影会が始まろうとしていた。撮影会が始まった。今日も顔見知りの常連のカメラ小僧がいつものように会場の最前列に陣取っていた。今日は最新のコスチュームに身を包んだ美紀。ボンデージを意識したエナメルのヘソ出しノースリーブにエナメルのタイトミニ、そしてハイヒール黒ロングブーツ姿で登場した美紀。カメラ小僧はいつになくセクシーなポーズを次々と決めていく美紀の肢体へ向けて食らいつくようにカメラのシャッターを切っていく。口は半開き、咽はカラカラに渇いていた。もはや股間ははち切れんばかりであった。長時間行われた撮影会終了後、汗だくのカラダを洗い流そうと更衣室にひとり入って行く美紀。その背後にあのカメラ小僧が迫る。もはや男の目は殺気立ち狂人のそれと化していた。人影のないしーんと静まりかえった更衣室で美紀に男が背後から襲いかかる!。「あなた、さっきの!」男の気配に振り向き、驚いた声をあげる美紀のミゾオチに正確なストレートパンチがめり込んだ。「ほらっ!」ドボッ!「うっ!」たまらず腹を抱え悶え苦しみながら意識を失っていく美紀。男は失神した美紀のカラダを肩越しに担ぐと、人気のない休憩室のソワァーに寝かせた。震える片手でシャッターを切りながら、男はゆっくりズボンを下ろしギンギンに勃起した太くてかたいモノを取り出した。男は気絶している美紀のカラダに貪りついていく。美紀の甘い体臭と汗の臭いが男を一匹の獣へと変えていった。半開きになった美紀の唇を貪り吸う男。美紀のネットリと濃い臭いツバを貪り嗅ぐ。ぐっしょりと濡れた汗臭い脇の下に鼻を夢中に擦りつけ嗅ぎまくり舐めまくる。もうそれだけで男のペニスはギンギンに勃起していくのであった。そしてエナメルミニをまくり上げ美紀のマンコを剥き出しにするとむしゃぶりついた。美紀のアソコはすでに汗と愛液でぐっしょりと濡れていた。美紀のマン臭が辺りにまで広がっていった。堪らなくなった男はついに美紀の秘肉に自分のモノをあてがうと、ゆっくりと挿入していった。美紀の子宮口まで奥深く貫いていく。そしてピストン運動を始めた。最初はゆっくりと、そして徐々に激しく男のモノが美紀のカラダを犯していく。長い間生本番が続いた頃、ようやく深い眠りから目覚める美紀。しかし時すでに遅く、「あっ!やめてっ!はっ!イヤン!うっ!あうっ!」と声をあげながら虚しい抵抗を始めた美紀であったが、心とは裏腹に秘肉はギュッと絞まり波うち、男に速攻中出しを決められてしまう。美紀の秘肉の奥深くに男は自分の濃い大量の精子をぶちまけていった・・・そしてぐったりとした美紀に向かって吐き捨てるように「ほらっ!この腐れまんこメス豚野郎!孕んじまえっ!」と叫ぶと美紀を置き去りに更衣室を出て行くのであった・・・


Jack
emoji[clock]02/27 05:06
UA:F-01L


※まだ書き込みはありません。



ページ|検索

[0]TOPへ戻る

追加|レス編集|レス削除
スレッド管理

瞳をふせて/欧米少女板
掲示板カテゴリ検索
写メ/待ち受け 動画/ムービー
音楽/エンタメ 雑談/その他
趣味/スポーツ

無料レンタル動画まとめe-Movie
無料レンタルBBSebbs.jp