怖いけど泣ける話



この世の中には色々と怖い話がありますが、そんな怖い話の中にも感動する話があります。
そんな体験談を存分に語って下さい。



emoji[clock]2010/01/18 20:12
UA:830SH
書く|||n|emoji[search]|古順
残996件カキコミ可 1/1n

[3]匸 係長
emoji[clock]05/24 14:57
強ち 起こり得ない話であるとは 言いきれない.


UA:CA3F
[削除|編集|コピー]
[2]
emoji[clock]01/18 20:22
[母親]

僕は母子家庭で育ちました。

家族構成は母親と姉に弟の四人家族。

が、最近経てつづけに家族が亡くなったのです。

母親と、姉が。

弟は行方不明で、生きている事さえ解らない状態です。

一人になってしまった僕は、仕事をする気にもなれずに、鬱病を発祥し、辺りを徘徊したり、変な感覚になり引きこもったりもしていました。

そんなある日、夢に母親似の人が出て来て、僕に
『大丈夫。やれる。頑張れ』

他にも何か言ってた気がするんですが、その事だけは起きた時覚えていました。

お陰で、忘れてた事を思い出しました。

『体は無くなってたとしても魂は生きている』

と、言う母親自身の言葉です。

魂の絆は繋がっているものなんだと今は感じます。

お陰で今は元気過ぎるだろ?ってくらい仕事に励んでいます。

これも、あの夢のお陰だと思います。

最後に、僕の中では母親似の人は母親だったと思っています。


UA:830SH
[削除|編集|コピー]
[1]
emoji[clock]01/18 20:21
[煙草]

僕が小学校の頃聞いた話です。

ある日老人が散歩がてらに買い物をしにいったんですね。

それからしばらく歩いていると、歩道の所へ花束がお供えしているのを発見し

可哀想だなぁ・・・

と思ったんですが持ちあわせがなく、取り合えず持っていたたばこをお供えしたんですよ。

その後手を合わせ

「ちょっと買い物にいってくるかな・・・」

と独り言を呟きながらまたあるきだしました。

老人は、たばこと酒と食糧を買って、また花束の所を通りかかったんです。

「・・・酒・・・飲むか?おごりだ」

そう言いながらワンカップを置き、また手を合わせ、成仏しろよと言い残し、帰路についたんです。

明くる朝の事。

日課の庭掃除に出た老人は、玄関先に煙草が一本だけ落ちているのを発見したんです。

「なんだ・・・人ん家に捨てるなんてけしからん奴が居るモンだ!」

老人は文句を言いながら丸めて捨てたんですよ。

それが――

また明くる日もまた次の日もたばこが玄関先に置いてあるんです。

しかもまた一本。

その夜確かめる為に 隠れて見ていたら、夜中過ぎに玄関先へ女の子が現れずっとこちらを見ていました。

女の子の手にはたばこが握り締められていて、老人はとっさに玄関を開けたんです。

「こんな夜中に何をしてるんだい?」

そう言うと、少女は目に涙を浮かべながらこう言ったそうです。

「おじいちゃんありがとう!」

少女はそう言い残し、老人の目の前から消えたんです。

その後、毎日道路の事故現場には花が飾っているそうです。


UA:830SH
[削除|編集|コピー]

書く|||n|emoji[search]|古順

6,091hit
[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

☆あにまち ぱれっと☆
掲示板カテゴリ検索
写メ/待ち受け 動画/ムービー
音楽/エンタメ 雑談/その他
趣味/スポーツ

無料レンタル動画まとめe-Movie
無料レンタルBBSebbs.jp