淫欲な婆



得意先に俺より3歳年上で、 三十超えのオブスな事務員が居て 顔を除けば ムッチリ巨乳グラマーで ビンビンにソソる女が居て、ちょっと口説きデートに誘うと メチャ照れながらも あっさりO.K.!

その日の内にラブホでSEX!
「中はダメ‥」
と言うので、抜いてマンコにブッカケ!
ブッカケたマンコに直ぐ突き入れ、残りを中出しピストン。
驚いた事に処女でバイブで貫通済みで処女幕は無く モノホン男は初めてと言う事でした。
3発目にはモロ中出してました。
恋人気取りで直々連絡して来る紀子とラブホ通い。
1ヶ月ほどして、ラブホで散々SEXした後 飲み屋に連れて行かれました。


emoji[clock]2017/07/06 06:05



書く|||n|emoji[search]|古順
[1]前n|次n[3]
残95件カキコミ可 1/2n
累計2,800hit
今日2/昨日5

[5]
emoji[clock]07/08 01:13
一気にチンポが肛門に飲み込まれました。
肛門交尾で正常位から騎乗位!
肛門交尾でも逝く婆ママを四つん這いで 腸内射精!
チンポを抜くと ブビッ グチュ と肛門から茶色がかった精液をヒり出し、前のめり崩れ落ちた婆ママ。
「ァッ ァッ‥もうダメ‥」
又暫くグッタリしてました。
入口は締まるんですが やはり肛門は肛門!
マンコの方が 遥かに気持ちは良いです。
息が整うと うつ伏せで、
「帰るの?‥」
「休みだし ママが良かったら 泊まるけど‥」
「あら‥紀子に 良いの?‥」
「今日は 今日さ!風呂に湯を落として来るよ(笑)」
一緒に風呂に浸かり ベットに戻りました。
「輝君は こんな中年女は どう思うの?‥」
と 垂れ乳や出っ腹を触ったりしてました!
「俺 年の差って 気にしないし 熟してて 良いんじゃないの(笑) それに ママのマンコ 絡みついて来て中々だし(笑)」
「それは 輝君の太いからじゃない(笑)」
「かな?‥じゃ シャブって 太くしてくれよ(笑)」
シャブらせ 69で舐め 膣交尾射精して
「少し 寝ましょう もう ヘトヘトよ‥」
風呂に入り寝ました。
目が覚め膣交尾射精して 又眠り 起きて又膣交尾!
風呂に入り 時計を見たら昼近くでした。

婆ママと遣り 紀子と遣りしてます。

[削除|編集]
[4]
emoji[clock]07/08 00:27
紀子の口数が少なく暗い感じは相変わらずで、「後ろ向けよ‥ 上に成れよ‥口開けろ‥」
と いちいち言わないと成らない紀子!

何日かして、残業に飽きてたのか?何か婆ママの絡みつくマンコが頭をよぎってる所に 婆ママから電話が来ました。
「残業の最中! 終わったら ちょっと寄るよ!」
0時過ぎで書類がヤット出来上がり、閉まってかも?と思いながら 婆ママの店に行くと、まだ看板の灯りが点いてました。
2人居た客が帰り 婆ママが隣りに座り、
「紀子には勿体無いわね♪」
「あぁ(笑) 試験かい!(笑)」「合格も合格(笑) 明日休みでしょ♪」
ママは直ぐ店を閉め 前行ったラブホに直行。
シャワーを浴び 風呂場で立ち嵌め 駅弁で体も拭かず 濡れたままベットに倒れ込みました。
正常位からバックと思い離れると、何も言わないのに 四つん這いになった婆ママ!
仰向けになると跨がって来るし 俺がしたい事が判るかのように動く婆ママ!
また 婆ママがして欲しい事が 何となく判り 舐めたり吸ったり嵌めたり。
何度も逝く婆ママが仰向けになり 正常位で絡みつくマンコに膣内射精!
これが肌が合うと云うのかも!と思いました。
1発目の射精で股を閉じる事も無く グッタリとして マンコからトロッと精液が漏れ出し、吸い取ったマンコに挿入して 口移しで 婆ママに精液を飲ませました。
「アァ〜 輝君凄い‥まだ おっきいよ〜」
23歳の年の瀬何て気に成らずに 又始めました。
転がるように 婆ママを上にすると 馬乗りに尻を振りだし 喘ぎなから逝く婆ママ。
又正常位で膣内射精!
抜かず繋がったまま 暫く抱き合ってました。
「ママ 結構 客喰ってだろう(笑)」
「何で?‥」
「使い込み過ぎて マンコ真っ黒じゃないか!(笑)ヒダも伸び切ってるし(笑)」
「早くに旦那に死なれたし‥私 男が好きだから♪」
「あっさり認めるんだ(笑)」
「でもね‥輝君は別格で 善いわよ‥挿し殺されかと思った程よ♪ 紀子には勿体無いわ(笑)」
「又 勃って来た‥(笑)」
「あぁ 又勃ってる‥♪」
「ケツの穴も 随分使ってるんじゃない!(笑)」
「判る?(笑)」
「穴が花弁みたいだもの♪」
「良いわよ お尻にしても!
と 自分で脚を持ち上げると チンポがマンコから抜け、持ち上げた尻穴は 精液と淫汁が垂れてヌルヌルでした。
亀頭を尻穴に グ〜っと押し付けると ヌルズボッ と!

[削除|編集]
[3]
emoji[clock]07/06 10:47
中年太りか? 背中から脇 腹はポッテリ肉付き 下腹の三角地帯は一面的 薄い陰毛が生えてました。
婆ママを仰向けに寝かせて 垂れ気味な巨乳に顔を埋め 黒ずんだ親指大の乳首を舐めて吸って転がすと デカ乳首を固く勃て ア〜ン ア〜ン 喘ぐ婆ママ!
タップリ両乳を吸ってやってると 腋毛が見えました。
両腋毛が唾でベタベタになるほど 腋を舐め 脇腹から腹 三角地帯に舌を這わせ 茂みに顔を埋めると 股から厭らしい匂いがしてました。
股の付け根を舐めながら 両膝を持って股を押し広げてビックリ!
真っ黒なヒダヒダの間から 淫汁が尻穴まで垂れてました。
舌先で 真っ黒なヒダヒダを広げると まるで黒揚羽蝶が羽を開いたように ヒダヒダは大きく伸びて 小指のようなクリトリスが赤黒く剥き出ました。
尿口は盛り上がり Gスポット位置が見えるかと思うほど 膣口は捲れ上がり 膣口からタラタラ淫汁が滴り出てました。
淫毛の擦り切れ方や腐臭も無く いまだに遣り捲ってるマンコのようで、膣口に舌先を入れて舐めると まるで雷にでも打たれたように ビクッと体を震わせ ヒ〜ィ〜 と言うか イ〜ィ〜 と言うか 叫んでました。
マンコを舐め回し クリトリスを吸ってやると マンコ周りはベタベタドロドロ シーツまで滲みが出来てました。
チンポを暫く擦り付けてると チンポを掴みマンコに入れようとします!
「ママ 入れようか?」
「入れて‥ 焦らさないで 早く入れてよ‥」
「ほら 入れるよ!」
膣口に押し当て 一気に奥まで突き挿しました。
「アァ〜 太っいの入った〜アァ〜ン‥」
マンコは緩めですか中にヒダでも有るかのように絡みつくと云うか纏わりいて来ると云うか?
もう少し締まりが有れば名器なのに!
でも亀頭に纏わりつき 中々です。
奥の子宮口をコネると 一層激しく喘ぎ 逝ってました。

[削除|編集]

[1]前n|次n[3]
書く|||n|emoji[search]|古順
soraAD



[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

エロハリコミニュティー
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説

無料レンタル動画まとめe-Movie
無料レンタルBBSebbs.jp