敦子を診察



「どうしました?」「最近下着をよく汚してしまうんです。」「見せてもらいますね。」水色のパンティを脱がして内側の生地をじっくりと敦子の目の前で観察する。かなり濡れてますねと指でヌメッとした液を触る。さらに匂いを嗅いで異常がないかを確認する。顔を赤くして様子を伺う。「奥さん、スカートを捲って下さい。」ゆっくり捲り上げさせてマン毛が見…えない。パイパンだ。「中をチェックしたいので、開いて下さい。」敦子はビラを左右に開いてオマンコを見せる。びしょびしょでテカっている。触診をしますと中に指を差し込んだ。狭い部屋に響く敦子の声。指を出し入れすれば産まれたての動物の様に足をガタガタ震わせた。「うーん、体液が大量に溢れてますね。あれ?」と気付いた。敦子のブラウスの胸の部分がびしょびしょに。服を脱がすとブラジャーもびしょびしょ。刺激のせいなのか母乳が溢れ出てしまったようだ。「医師として調べているだけなんですがね。もしかしたら病気かもしれません。次はその大きな乳房を調べます。」授乳用ブラジャーなのでカップの部分がボタンで付けられていて、敦子は恥じらいながらミルキーボインを出した。普通サイズの真っ黒な乳輪とやや長い乳頭。その乳頭がピーンとかなり硬く勃起しているのがはっきりわかる。まずは乳房全体を撫でる様に触る。これだけで反応する敦子。持ち上げてわかったがかなり重くて硬い。「奥さん、かなりカチカチに張ってますね。」「今朝はあまり子供が飲んでくれなかったので…」ミルクタンクには沢山生産されている。「沢山出さないと炎症を起こしてしまいます。あと成分も調べます。」乳輪に舌を這わせながら母乳を舐める。ミルキーな味が口に広がる。ミルキーはママの味とはよくいったものだ。完全に乳頭を口に含んで強く吸飲すると、体が反応して吐息が漏れ始める。赤ちゃんに吸われるのとは別物で、やはり男に吸われるのを悦びとしてる女だという証拠だ。本当によく出る母乳で、かなり長々と飲んでやっと少し柔らかさが戻ってきた。「深刻な病にかかっています。牝豚病です。」
揉みの木
emoji[clock]2015/06/16 08:36



書く|||n|emoji[search]|古順
残100件カキコミ可
累計1,739hit
今日1/昨日0


※まだ書き込みはありません。



書く|||n|emoji[search]|古順
soraAD



[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

†Chapter.4†
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説

無料レンタル動画まとめe-Movie
無料レンタルBBSebbs.jp