深夜オールナイト映画館



もうあれは30年以上の前の事です。
僕が高校生の時、特に友人も居ない唯一の楽しみは年齢をごまかして週の土曜に深夜オールナイト映画館に行く事でした。
家の近くではなく、自転車で一時間ぐらい走った、知らない土地の映画館です。
今でこそネットで堂々とパソコンや携帯で見れる時代ではなくアナログの時代でエロもそういう場所でしか味わえない時代でした。
最初はポルノ映画を見て僕なりに興奮し、トイレ、もしくは映画館を出て近くの公園でオナニーをする感じだったのですが、2度、3度になるとジャージ上下で座席に座ったままでジャージ上のチャックを開き下のズボンを膝くらいまで下げ、ポルノ映画を見ながら射精のギリギリまでのオナニーを楽しむようになりました。それは4度目か5度目かは忘れましたが映画が一本終わり、ロビーのソファーの真ん中辺りでコーラを飲みながら休憩をしている時、知らないおじさんが隣に座り、耳もとでお兄ちゃん映画を見ながら座席でオナニーをしていただろ!別にいいのだけど射精はして無いのだろ!と真横で見ていたのかと言う感じで囁かれたのです。
もう、僕はこの人に逆らえないのか。

泥男
emoji[clock]2017/09/29 15:20



書く|||n|emoji[search]|古順
[1]前n|次n[3]
残90件カキコミ可 1/4n
累計2,955hit
今日1/昨日5

[10]泥男
emoji[clock]10/01 03:19
それは7月の始め頃に僕の仕事が早く終わり寮に帰り食事を済ませ部屋に入り、テレビを見ながらまだ先輩は帰って来ないと思い全裸になってオナニーに耽っていたのです。
いつもなら消灯後に声を出さずに1人で2段ベッドの上の寝床でカーテンを締め切りオナニーをしていたけど、この時は明るく証明を点けカーペットの上で寝ながらオナニーを楽しんでいたのです。
さっさとすれば5分で済むオナニーを時間を掛けゆっくりのスピードでオナニーを楽しんでいたのです。部屋の鍵は掛けた積もりでしたが、忘れていたのです。
ふと気が付くと先輩が目の前にいたのです。
僕は慌てて起きあがりティッシュの箱で前を隠したのですが先輩はその箱を退かして僕のいきり立ったチンポを握りしめてフェラをし始めたのです。

[削除|編集]
[9]泥男
emoji[clock]10/01 02:55
その冬休みと1月の半ばまでは暖冬でした。上着さえ着ていれば、下半身は露出でも問題無くおじさん達の相手が出来ました。
上着も全裸の上に前開きのショートコートでおじさん達に抱かれている時はボタンを外して素肌で、というより素っ裸に成りたかったのが本音。
おじさん達に屈辱的犯される快感がたまらなかった。2月に入ればもう卒業だし、少し気持ちを切り替えて今までの快楽とは縁を切り、少し自覚を持たなければと就職も決まっていると心に決めた。
4月1日から就職して寮に入る事になりました。
同室の人は3年年上の先輩で二人部屋、その先輩とは職場は違うけど特に問題無く優しく接してくれました。仕事も覚えほぼ順調に毎日が過ぎて約3ヶ月ぐらい過ぎた頃に事件が起きたのです。

[削除|編集]
[8]泥男
emoji[clock]09/29 18:17
アナルに射精されて、またそのあと次の人がアナルに入れてきたのがすぐにわかった。それにアナルにチンポを入れて奥まで突かれた時、触ってもない僕のチンポからザーメンが出ていた。口の中に入れてくれるおじさん達のチンポも美味しく感じたし乾いた喉がおじさん達のザーメンで潤おしてくれる。2時間位して後で公園の手洗いで身体を拭いてくれた後で4人の人がお小遣いをくれた。本当は映画館の時もお小遣いを上げたかったけど、他の人の目があって渡せなかったと言ってくれた。僕もゲーセンなどで遊ぶお金が欲しがったから、快楽も味わえて最高。

[削除|編集]

[1]前n|次n[3]
書く|||n|emoji[search]|古順
soraAD



[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

夢児のBLUE HEAVEN
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説

無料レンタル動画まとめe-Movie
無料レンタルBBSebbs.jp