ヤクルトレディー



午後の仕事に入った時
「こんちわ〜ヤクルトです〜」
と ヤクルトレディーでは無い 太ったオバサンが顔を出しました。
「いつもの人と替わったの?」
「いつもの娘 急に休んじゃって 代わった物の慣れなくて‥まだお弁当も食べて無いのよ‥」
「大変だね(笑) だったら此処で食べて行った良いよ! お茶 お湯そこのポットの使って(笑)」
「すいません!」
食べてるのを見ると 制服が小さいのか?太いのか? 制服がピッチピチ張り切れんばかりで 特に胸と腹のボタンが危機的でした。
オバサンのお喋りで いつもの人が暫く休み代わりにオバサンと言う事は解りました。
「そんなに喋ってて良いの?(笑)」
家に置いてくジョ○2本を置かず 慌てて出ていき夕方持って来ました。

翌日は1度回ったので少し早く 昼時来ました。
味噌汁を温めて出すと、
「あれっ 奥さんは?」
「こんな商売に来てくれる嫁さんは無いよ!(笑)」
「あら 1人なの?」
見ると腹のボタンが取れてました。
「ボタン 取れてるね 針と糸有るけど!」
制服を脱いで胸の所もボタン付けしてました。
「オバサン 大きいオッパイしてんだね〜!」
「デブなだけよ(笑) 1人身だと こんなオバサンのオッパイでも 目が行くの?(笑)」
「あっ ごめん‥」
「謝らなくても!‥若い1人身なんだもの 仕方ないわよ(笑) でも こんなオバサンのオッパイでも 見てくれる人って 居るのね(笑) あっ御馳走様(笑)」
翌日 オバサンが来たのは夕方で買い物袋を下げてました。
「ごめんなさい 遅く成っちゃった(笑)」
冷蔵庫にジョ○を入れ
「夕飯は作ったの? 何も入って無いじゃない(笑)」
「御飯 朝炊いたの有るし カップ麺 有るから!」
「ちょっと待ってて 直ぐ何か作るから(笑)」
戸棚を探し 鍋を出して何か作り始めました。
「あの〜‥会社に帰らなくて良いの?」
「会社 1度帰ってから来たから‥まだ仕事 終わらないの?」
「もう直ぐ‥」
「出来たわよ(笑)」
煮付けや揚げ物 漬け物がテーブルに並んでました。
流し台の酒まで出してました。
勝手に奥に入って行き
「御風呂 洗って有るじゃない! これ どうするの?」
「栓して 赤いボタン押すだけ!」
テーブルに着き 酒を飲み始めると、制服から私服に着替えたオバサンが 前に座り、
「私も いただいて良い?(笑)」
オバサンの笑顔は卑猥感タップリでした。

自営職人
emoji[clock]2017/10/19 19:13



書く|||n|emoji[search]|古順
[1]前n|次n[3]
残94件カキコミ可 1/2n
累計1,931hit
今日1/昨日3

[6]自営職人
emoji[clock]10/21 12:37
「太いか(笑) 偶には 若いのも良いんじゃないか!(笑)」
と スカートを脱がし シャツ ブラジャーを脱がせて素っ裸したら 年相応に垂れた体で 小ぶりなオッパイも垂れてました。
俺も素っ裸になり 小ぶりなオッパイに吸い付きました。
「ちょっと ちょっと光男‥1回だけたよ‥ウチのには 内緒だよ‥」
「分かってるよ‥」
「仕方ないね〜 もう(笑)」
そう成るとオバさん 超積極的で 騎乗位では激しく腰を振り 正常位では下からマンコを突き上げて来るし、凄い凄いの連呼で逝くオバさん、1回だけと言ったのに 3回して みあ写真を持ち 帰りました。

[削除|編集]
[5]自営職人
emoji[clock]10/21 03:29
真知子さんと関係ん持って4ヶ月を過ぎて、
「光男君 血液 何型?」
「O型だけど どうして?」
「別に‥良かった ウチの人と 同じなんだ!(笑)」
「変な 真知子さんだな‥」

日に日に 真知子さんの腹が大きく成り妊娠してました。
腹が迫り出し 真知子さんは ヤクルトレディー を辞めましたが、臨月に入るまで 時々来てはSEXしてました。
腹の子は旦那のか俺のか判らないけど 何年も出来無かったのが 俺として出来たから 俺のでわ?と言ってました。
兎に角 やっと子供が出来たと 旦那さんは大喜びだったそうです。
女の子を出産したと連絡が有り逸れきりでした。
SEXするのは静ちゃんだけに成り、もう五十半ば 俺も もう直ぐ四十!
いまだに静ちゃんはズルズルと 俺の性欲を充たさせてくれてます。
張り切れんばかりに太った静ちゃんも 少し萎み垂れて来ました。
ですが最近 もう1人SEXする還暦オバチャンが出来ました。
四軒隣りの婆さんで、見合い話を持って来てくれたのが切欠でした。
「光男 もう四十に成るんだから 嫁さん貰ったらどうだい!お見合い写真 持って来たけど見とくれ(笑)」
見合い相手は42歳バツイチ1人の子持ちでした。

「そんな美人じゃ無いけど これくらいが飽きなくて良いんだよ(笑) 子供作る手前も省けるし まだまだ出来るんだし(笑)」
「美人じゃ無いって 相当美人じゃ無いよ!」
「写真写りが悪いんだよ(笑) それとも 年上は嫌なのかい?」
「オバさんの方が美人じゃないか! 年上は 婆さんくらい年上でも良いんだけど、子供を作る行為が大事じゃないか!(笑)」
「あらま〜! じゃ 私が光男の嫁さんに成ろうかしら(笑) アッ もう子供が出来ないか(笑)」
「オバさん 子供出来なくても 行為は 今もしてるんだろ(笑)」
「年に1〜2回‥も 此処暫く無いわね?‥」
「やっぱり 行為は一番大事だよね(笑) して無いんだったら してみない」
と オバさんを押し倒し スカートの中に手を入れ 下着に手を掛けました。
「ちょっと光男‥何すんの!」
「して無いんだろ それに子供も出来ないんだし」
てパンツを脱がせて マンコに吸い付きました。
「光男 ちょっと‥こんなオバンでも その気に成るじゃないか‥ア〜ン」
「俺は その気になってるよ ほら!」
ズボンを下げて 勃起チンポを出して見せると、
「光男‥ウチの旦那より‥随分太いわね〜‥」

[削除|編集]
[4]自営職人
emoji[clock]10/20 02:02
土曜日まで 静ちゃんは夕方来て 夕飯のオカズを作ってくれました。
「来週から 別な人が担当に成るから 手を出したらダメよ(笑)」
「えっ 静ちゃん 別の方を回るの?」
「私は 頼まれて一時的に手伝っただけよ 専業主婦だもの!(笑)」
「そうか‥もう会え無いのか‥一晩の戯れか‥」
「何言ってるの 私 専業主婦! 昼は時間有るのよ(笑) 昼来ちゃダメ?毎日は来れないけど(笑)」
「ああ〜 そう言う事か!(笑)」
「今日 少しなら 時間有るけど♪‥毎日ジョ○2本飲んで 似たの溜まってない?♪」
「ちょっと待って 布団敷くから!」
敷き布団を持って行くと 静ちゃんは服を脱いで 最後の下着を脱ごうとしてました。
敷いた布団に裸で横に成った静ちゃん!
急いで着てる物を脱ぎ捨てると 静ちゃんと抱き合い 抜かずの2連発の中出し射精。
シャワーで洗い流して、
「それじゃ 又後でね(笑)明日と明後日の分 4本 冷蔵庫に入れといたわよ(笑)」
静ちゃんは 月曜から土曜の間 時々来てSEXして帰ります。
代わりの担当者は若いと 静ちゃんから聞いてましたが 来たのは四十くらいの斎藤真知子さんと言う人妻ですが 結構時間がマチマチで、静ちゃんとSEXしてる所を 何度が覗かれてたようです。
真知子さんも時々 家で昼食を食べて行く事が有り、
「今日は 静子さん 来ないんですか?」
「えっ 静ちゃん もう辞めたんだし 来ないでしょう‥」
「時々来てるじゃないですか!(笑) 何度も見ましたよ(笑)」
「見たって 何を?‥」
「そっちの部屋で(笑) 羨ましい事を♪」
「えっ 見られた!(笑)マズかったな〜」
「静子さん 旦那さん居るのに それでも平気なの?」
「平気じゃないけど‥」
「独身だから!」
「まぁ‥仕方ないと言うか‥」
「だったら 私でも良いじゃない?」
「それわ‥」
「私だって あんなに激しく してみたいわよ 内緒にするから♪」
又真知子さんは真知子さんで良く 思わず中出しして仕舞いました。
「えっ えぇ‥中に 出したの! ちょっと 常識的に 中はダメでしょう 静子さんと違うんだから!(怒)」
「あっ ごめん!‥あんまり気持ち良かったらから つい‥」
「良かった? 本当(笑)ウチの人 ユルマンだって言うのよ 小さいの棚に上げて(怒)」
「そんな事無いよ 真知子さんの 良いマンコだよ!」
「じゃ もう1回してくれる♪」

[削除|編集]

[1]前n|次n[3]
書く|||n|emoji[search]|古順
soraAD



[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

23'Erotika
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説

無料レンタルBBSebbs.jp