1番えっちなコト



週末の夜、疲れて帰って来てベッドに仰向けになると、由衣の頭の中は今までで1番感じたあの時のことを思い出して、身体を指でなぞりはじめる。ふだん弟みたいに思ってた賢治君が、突然由衣に抱きついてキス以上のコトをしてきた時のことを。その当時に付き合ってた彼が浮気してて、その彼のほうから、由衣と別れたいって言われて。最初は荒々しいキスをされて、まだまだお子ちゃまだなって思ったのも束の間、賢治君は由衣のTシャツの下のブラを片手で上に押し上げ、指先と爪の間で乳首が固くなるまで、イヤラしく触り続けたの。強弱をつけて、しつこく、ネチネチと由衣の口から吐息が漏れるまで。びくんびくん体が震えて、口から恥ずかしい声が溢れるたびに、賢治君は由衣の奥深くまでどんどんはいってくるの。気付いたら、もう片方の手は由衣のパンツの中の茂みのない1番敏感なところへ入っていきました。「この子、慣れてる」遠くなる意識の中で由衣はされるがままになっていました。
由衣
emoji[clock]2018/06/04 02:38



書く|||n|emoji[search]|古順
残100件カキコミ可
累計371hit
今日1/昨日0


※まだ書き込みはありません。



書く|||n|emoji[search]|古順
soraAD



[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

†ZERO†ギャル画像庫
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説

無料レンタルBBSebbs.jp