二頭の男性家畜



乱交パーティーで知り合ったM男くんとの性生活です。

最初のペットは、妻子持ちの男で、ノーマルなセックスを何度かしました。

性癖を理解しない妻への不満を漏らしていた彼に、私は下僕になる事を勧めました。

随分と悩んでいたみたいですが、試しにソフトなプレイをする事になりました。

仕事帰りに待ち合わせて、デートスポットの公園に行きます。

まるで不倫カップルみたいな私たちは、人気のない場所を選んで歩きます。

「トイレでパンツを脱いで持って来なさい。」

作り笑顔で命令すると、彼は狼狽えていました。

「そ、それは、、、」

しばらく躊躇していたものの、彼は公衆トイレに行き、直ぐに戻って来ました。

彼は鞄に入れたパンツを見せようとしましたが、私は目もくれず、彼の股間に手を伸ばし、まだ縮んでいるオチンチンの感触を確認しました。

「ホントにノーパンだね」

突然、無防備な急所を触られ、彼は狼狽えていました。

「な、何を、、、」

顔をこわばらせた彼は、私を睨み付けました。「ウルサイ、黙って!」

威圧的に睨む彼を、睨み返して威圧しました。

小娘の反撃にたじろいだオジサンに、畳み掛けるように、

「こっちに来なさい。」

と、私は彼を闇深い公園の奥に導き、朽ちてしまいそうな木製のベンチに座りました。

所々に穴が開いているテーブルを前にして、寄り添う恋人のように並ぶと、私は彼の股間に手を這わせて、男の急所を弄びました。

ズボン越にオチンチンが膨らんで行く感触に興奮しました。

「はぁはぁ、、」

大げさな息づかいの私に油断して、彼も喘ぎ始めました。

「あぁ、ハァ、、、」

彼の排泄器官が、熱く膨張して、凶悪な生殖器に変貌しました。

彼は緩んだ表情で私に

「口でしてくれ、、、」

と懇願してきました。

彼を無視して、私はブサマに身悶える表情を観察していました。

彼はキスを求めて来たり、私の乳房を触ろうとしましたが、払いのけました。

「どうして?」

情けない顔で戸惑う彼に、私は冷たく言い放ちました。

「ご褒美が欲しければ、私の命令に従いなさい。」

りな
emoji[clock]2015/08/30 23:09



書く|||n|emoji[search]|古順
残99件カキコミ可
累計6,340hit
今日1/昨日0


※まだ書き込みはありません。



書く|||n|emoji[search]|古順
soraAD



[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

★達磨の部屋本館★(動画・画像)
掲示板カテゴリ検索
[アダルト]総合 写メ/ムービー
雑談/その他 体験談/小説

無料レンタルBBSebbs.jp