大相撲総合



引き続き大相撲のことを語りましょう。

emoji[clock]2012/03/27 22:55

書く|||n|emoji[search]|古順
[1]前n|次n[3]
残56件カキコミ可 1/94n


[944]匿名
emoji[clock]09/26 02:23
大相撲秋場所前に暴力問題を起こした十両・貴ノ富士(22=千賀ノ浦部屋)が、日本相撲協会のコンプライアンス委員会と師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)から引退勧告を受けたことが25日、分かった。この日、貴ノ富士側が「適切な措置」を求めてスポーツ庁に出した上申書に記しており、24日には同協会に寛大な処分を求める要望書を提出したという。


[削除|編集]
[943]匿 名
emoji[clock]09/15 14:50
大相撲の横綱鶴竜(34)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が秋場所8日目の15日から休場した。5日目から3日連続で金星を配給していた。白鵬も2日目から休場しており、横綱不在となるのは初場所以来。

 鶴竜は日本相撲協会に「左膝内側側副靱帯(じんたい)損傷の疑いがあり、約2週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出した。休場は初場所以来で通算13度目。8日目の対戦相手、玉鷲は今場所2度目の不戦勝。

 鶴竜は東京・両国国技館で取材に応じ、「場所前から左膝に突っ張るような感じがあり、足の動きが悪かった」と説明。再出場の可能性については「厳しいと思う。横綱はただ出ればいいとい…全て見る


[削除|編集]
[942]匿 名
emoji[clock]09/14 20:36
<大相撲秋場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

2場所連続の賜杯を狙う鶴竜(34=井筒)が3日連続で金星を配給した。前頭3枚目友風(24=尾車)に敗れた。前頭2枚目朝乃山(25=高砂)、同3枚目大栄翔(25=追手風)と平幕立て続けに不覚を取ったが、この日も金星配給し4勝3敗となった。友風は4勝3敗。

かど番の大関豪栄道(33=境川)は、前頭4枚目玉鷲(34=片男波)を寄り切ってで5勝2敗。玉鷲は4勝3敗。同じくかど番の大関栃ノ心(31=春日野)は、大栄翔に押し出され2勝5敗。大栄翔は3勝4敗。


[削除|編集]
[941]匿名
emoji[clock]09/09 04:17
「大相撲秋場所・初日」(8日、両国国技館)

 場所前に日本国籍を取得した横綱白鵬(宮城野)は北勝富士(八角)に寄り切られて、初日黒星を喫した。

 左前まわしを引いて万全の四つになるのが白鵬の形だが果たせず。右を差した北勝富士の、全身を使った懸命の寄りに屈した。

 白鵬は日本国籍の取得が3日付けの官報で告示された。外国出身横綱では曙、武蔵丸に続き3人目。「2つの国が背中にのしかかってくる」と、モンゴルと日本の両国を背負っていく覚悟を示していた。


[削除|編集]
[940]匿名
emoji[clock]07/22 08:55
東横綱・鶴竜(33)=井筒=が14勝1敗で名古屋場所を幕内最高優勝を飾り、昨年夏場所以来、7場所ぶりに賜杯を手にした。優勝インタビューで、名古屋のファンに感謝の言葉を語った。

 ―7場所ぶりの優勝は

 「またひと味違った優勝でした。本当に場所が始まる前は、最後、こういう形で終われるとは思えないくらいの(良くない)状態だった。名古屋の(相撲)ファンの皆さんに支えられていい成績を残すことができました。ありがとうございました」


[削除|編集]
[939]匿名
emoji[clock]07/19 10:42
元関脇安美錦の安治川親方(40)が、笑顔で引退を報告した。11日目の17日の打ち出し後に、引退、年寄安治川襲名が承認されたことを受けて、名古屋市のドルフィンズアリーナで会見。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)同席で約25分の会見後、雑談を交えて単独で約40分の囲み取材に対応、計1時間余りも思いの丈を語った。涙は見せず、持ち前の軽妙な語り口で報道陣の笑いを誘う“業師”ぶりは健在だった。


[削除|編集]
[938]匿名
emoji[clock]07/18 03:44
横綱鶴竜(井筒)は琴奨菊(佐渡ケ嶽)に勝ち、11連勝。相手のがぶり寄りを土俵際で耐え、逆転で突き倒した。

 1敗の白鵬(宮城野)は大関高安(田子ノ浦)の休場で不戦勝。これで4大関すべて休場となった。

 前頭七枚目友風(尾車)は叩き込みで同十六枚目琴勇輝(佐渡ケ嶽)に、同十六枚目照強(伊勢ケ浜)も同十一枚目錦木(伊勢ノ海)に勝ち、それぞれ2敗をキープした。


[削除|編集]
[937]匿名
emoji[clock]07/16 00:42
大相撲名古屋場所9日目は15日、ドルフィンズアリーナで行われ、横綱・白鵬は逸ノ城に敗れ初黒星。初日からの連勝が「8」で止まった。横綱・鶴竜は結びの一番で明生を破り9連勝。無敗を守った。


[削除|編集]
[936]匿名
emoji[clock]07/13 20:16
「大相撲名古屋場所・7日目」(13日、ドルフィンズアリーナ)

 白鵬(宮城野)、鶴竜(井筒)の両横綱が危なげなく7連勝を飾った。

 まず白鵬がはたき込みで大栄翔(追手風)を下す。結びの一番では鶴竜が正代(時津風)を問題にすることなく寄り切った。


[削除|編集]
[935]匿名
emoji[clock]07/13 01:07
幕内後半戦の審判長を務めた境川審判部長代理(56=元小結両国)が、横綱白鵬に苦言を呈した。

この日の結びの一番は、白鵬と東前頭2枚目の碧山が対戦。時間いっぱいとなり行司の軍配が返ってからも、両者は腰を割らず、白鵬は立ち、碧山は中腰になりかけたまま。立行司の式守伊之助が「手を付いて」と促しても、2人ともにらみ合ったまま仕切りの動作に入らなかった。

結局、立ち合ったのは行司の軍配が返って1分20秒以上が経過してから。相撲は、白鵬がはたき込んで6連勝とした。


[削除|編集]

[1]前n|次n[3]
書く|||n|emoji[search]|古順


41,114hit
[0]掲示板TOPへ戻る

書き込み削除
スレッド管理

☆グラビアBOX☆
掲示板カテゴリ検索
写メ/待ち受け 動画/ムービー
音楽/エンタメ 雑談/その他
趣味/スポーツ

無料レンタルBBSebbs.jp